いろいろな豊胸手術

豊胸手術の中には、シリコンバッグや生理食塩水のバッグを胸に挿入する方法と自分のお腹や太ももの脂肪吸引をして胸に注入する方法があります。

このうち脂肪吸引して脂肪注入による方法は、バッグを挿入するよりは大きな効果が得られませんが、術後に注入した脂肪が自分の胸の一部として機能しますし、いらないところの脂肪もなくすことができるので、人気の手術法でもあります。 これは術後に注入した脂肪に毛細血管が伸びてきて、栄養が与えられるようになるのです。 ですから、毛細血管にカバーされた分の脂肪が自分の胸として定着することになります。 定着するのは50%程度ですので、術後よりはしぼむことを理解しておきましょう。を考えてみてはいかがでしょうか。

美容外科と豊胸手術と最新技術

美容外科は最新技術の集まっている分野です。各分野で使用されている最新技術を真っ先に取り入れようとしています。豊胸手術で最近人気が出てきている最新技術の一つがVASERと呼ばれる施術で、こちらは脂肪注入施術のより進歩したバージョンです。

脂肪そのものを除去して、注入するのではなく、脂肪細胞胸に注入することによって、胸を大きくする施術です。こちらですと専用のレーザーと注射だけで施術をすることができるため、体につく傷口も従来のものよりもかなり少なくて済みます。傷口が小さくなればなるほど、負担は少なくなていきます。

美容外科と豊胸手術と痛みについて

豊胸手術は全身麻酔を使用する施術です。そのため美容外科で受けることができる施術の中でも体への負担は大きい方だと言えるでしょう。では実際痛みなどはあるのでしょうか?脂肪吸引の施術を受けた場合には脂肪を吸引したことによる筋肉痛のような痛みと、胸に脂肪を注入する時について傷口の痛みが出ます。

どちらも1週間程度残り、その間はできる限り安静にしていることをお勧めします。また胸の傷口に関しては腫れが出てしまうこともありますので、もし2週間以上腫れが残っているような場合には医師に一度見てもらった方がいいでしょう。

美容外科で豊胸手術を受けよう

豊胸手術を受けようと思ったら、美容外科です。まずは病院でカウンセリングをして、自分がどういった胸になりたいのか、どういった施術をできれば希望しているのか、その場合の費用は実際どれくらいかかるのだろうかといったことを確認します。

施術によっては体質的にできないようなものもありますので、ここで血液検査をするような病院もあります。そのためそれなりのお金と、保険証は必ずもっていきましょう。また美容外科は予約がないと施術を受けることができません。カウンセリングを受けるにも必ず予約が必要になりますので事前に電話をしてください。

美容外科での豊胸手術

胸は女性を象徴するパーツです。大きければ良いというものではありませんが、小さな胸にコンプレックスを抱いているという人は少なくありません。美容外科では胸に関しての悩み相談を受け付けていて、単純にバストアップしたいという人だけでなく、左右のバランスを良くしたいという理由から豊胸手術を希望する人もいます。

豊胸手術というとシリコンなどを胸に埋め込むイメージを浮かべる人もいるかもしれませんが、近年ではメスで切開せずに済むヒアルロン酸注入などが人気となっています。また、お腹やお尻などの脂肪を吸引したものを胸へ移植する方法もあります。

大阪でおすすめの豊胸

豊胸術の関連

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)に関する情報には責任は負いかねます。

豊胸、脂肪吸引などの美容整形以外のお問い合わせはこちらに

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)については美容外科クリニックにお尋ねください。美容外科クリニックと相談して美容整形を受けてください。

ページトップへ戻る