数十年後を考えて決めたい豊胸

メリハリのある体になりたいと美容外科で豊胸を受ける人もいます。

豊胸手術を終えて回復し、その後しばらくはきれいな状態を保つ事ができるでしょう。しかし、何十年もの時間が経ってしまうと、逆に豊胸を受けた事で却ってシリコンが目立つなど不自然になってしまう事もあります。老朽化してしまい体内で破損する事も考えられます。その時にどうするかという事も最初の手術を受ける時に考慮に入れて、決定したいですね。

再度手術を受けないときれいにならないという場合も考えられます。何度もリスクを負い、自分が痛い思いをして手術を受ける回数はできるだけ減らしたいですね。

型くずれが気になる人は豊胸施術の中でも、次第に効果が薄れてくるプチ整形を選択するなどするといいでしょう。

美容整形で豊胸手術をするデメリットを知っておきたい!

自分の理想の胸の形に近付けられる豊胸手術には、果たしてデメリットなどはあるのでしょうか。デメリットに関して言えば、どのような施術を選択するのか、それによって変わってきます。ここでは脂肪注入を行った時の後遺症についてご紹介します。

まずは脂肪を注入したことによって、皮膚に凸凹ができる場合があるということです。次に注入した脂肪が石化してしまい、しこりになってしまう可能性があるということです。これらを防ぐためには美容整形を受ける時に、脂肪は一定の場所に入れるのではなく、少しずつ離れた場所に打つ、できる限り定借率の高い施術を選択するという解決方法が適用されます。

美容整形・豊胸手術献血豊胸の流れを知りたい!

献血豊胸は一体どのような流れで進んでいくのでしょうか?①他の美容整形と同じようにカウンセリング(血をどれくらい摂取するのか、またどこから血液を摂るのかを決めます)②採血③採取した血液を加工してジェル化④局所麻酔⑤注射器でジェルをバストに注入が大まかな流れです。

採血もあるので、豊胸手術の中でも時間がかかりそうなイメージがありますが、ジェル化にする時間も含めて40分から1時間程度で完了します。ダウンタイムもかなり短く、腫れはほとんど出ないと言われています。痛みも多少あるようですが1週間のうちには収まってくる人がほとんどです。

美容整形で豊胸手術の今

直接、人の目に触れるわけではないけれど、自分の胸の大きさにコンプレックスを持つ人が多くいます。最近の美容整形は、メスを使わない施術も多く、施術を受ける人の増加につながっています。

豊胸手術でも、シリコンバッグを入れてとにかく胸を大きくしたいのでなければ、メスを使う必要がありません。ヒアルロン酸を注射したり、超音波vaserを利用する特別な器具を用いた施術もあります。

vaserなら、自分が痩せたい部分の脂肪を吸引した後、その脂肪を胸に注入することもできます。自分の脂肪なので、アレルギーが起こりません。仕上がりも自然で、柔らかい印象です。

美容整形・ヒアルロン酸注入は豊胸手術の中で永久性はどうなの?

手軽さや、価格の安いさから人気があるヒアルロン酸注入による豊胸手術ですが、美容整形の中で永久性はどのようになっているのでしょうか?正直にいうと、ヒアルロン酸注入による豊胸手術の永久性は高くありません。

長い人でも2年すれば元に戻ると言われています。なぜかといと、ヒアルロン酸は体にある成分に近い成分のため吸収されてしまいやすいためです。しかし何度もヒアルロン酸注入を繰り返していると、だんだんしこりになってきてしまう人もいるようです。そうったことを避けるためにも施術の内容を質が高いものを選んだ方がよいでしょう。

大阪、東京で豊胸手術をお考えなら美容整形、美容外科kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 【公式】
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 【脂肪吸引】
http://bust.k-biyou.com/ 【豊胸手術・脂肪注入】
http://nose.k-biyou.com/ 【鼻整形・隆鼻】
http://eye.k-biyou.com/ 【二重整形・二重まぶた】

他院での美容整形の修復も行っております。脂肪注入の豊胸術の技術では有名。

豊胸術の関連

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)に関する情報には責任は負いかねます。

豊胸、脂肪吸引などの美容整形以外のお問い合わせはこちらに

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)については美容外科クリニックにお尋ねください。美容外科クリニックと相談して美容整形を受けてください。

ページトップへ戻る