豊胸の決断と家族への報告

重要な事に限って、なかなか家族に言い出せないと言う事もある様ですが、豊胸手術を受けようと自分の中で決断しても、家族に報告できない、またはその様な勇気が出ないという人もいる様ですね。

しかし、手術を受けるのであれば、ぜひ大事な家族にはぜひ伝えておきたいですね。逆に心配させてしまう様な事になる可能性というのもあります。

家族は健康面について心配している事が多いので、豊胸を受けるべきではない、と強く言われてしまう様な事があるかもしれませんが、受けたいという気持ちが強いのであれば、その事は時間をかけてでも説得したいですね。

たとえ、大人であって自分で判断したいという場合であっても、報告しておく事が好ましいでしょう。

美容外科の豊胸でボディラインを美しく見せる

雑誌やテレビで出てくるモデルさんや芸能人など、美しいボディラインを維持している人は大勢います。そのような人を目の当たりにして、自分の体型を改善したいと思っている人も多くいることでしょう。そのなかでも、バストのザイズが小さく悩む人が多くいます。

バストのサイズアップに関してはダイエットと異なり、自分で行う事は非常にむずかしいですので、美容外科や専門のクリニックで豊胸術を受けている人も少なくないようです。バストを大きくすることで、ボディバランスを整えることができ、整った身体を作ることができるでしょう。

今、メスを使わない豊胸手術が美容外科で人気沸騰

最近の美容外科クリニックでは、メスを用いない術法をとることが多くあります。豊胸手術といえば、シリコンや生理食塩水の豊胸用のバッグを胸に入れて大きくする方法が知られていますが、メスで手術するのには抵抗がある女性も多く、切らない方法を選択する人が増えたのです。

代表的なのが、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法です。ヒアルロンをバストに入れる術法は、麻酔は局所麻酔のみなので、施術後すぐ日常生活が送れます。脂肪注入法は、自分の余分な脂肪を吸入して、バストに注入します。自分の脂肪を使うので、アレルギーや副作用の心配がなく、安全に胸を大きくできるのが人気の理由です。

美容外科での豊胸の方法は多種あります

一昔前の美容外科での豊胸では、シリコンバッグを入れるという手術が最も多かったのですが、より安全で手軽に受けられる注入法が確立してからは、こちらを選択する女性も多いです。注入法は主にヒアルロン酸などを注射針で胸に注入するので、メスを使わず切開しなくて済むことや、ダウンタイムも少ないことなどが選ばれる理由です。

そのほか、ヒアルロン酸よりも効果が高いといわれるアクアフィリングという成分を使った注入法も注目されています。このように美容外科での施術方法は選択肢が豊富にあるため、理想となる外見や体質に合わせて選ぶことが可能となっています。

美容外科クリニックできる豊胸手術の種類について

美容外科での豊胸手術には数種あり、メンテナンスなどを考えて最善の手術を選べる時代になっています。まず、手軽でメンテナンスもほとんどいらない、ヒアルロン酸注入です。手頃な反面、数年でヒアルロン酸が吸収され元に戻ります。次に、シリコンパック挿入です。

手軽に数カップアップ可能で安定感があり大きく形の良いバストが手にはいります。半面、メンテナンスや傷跡、内容物の破損などデメリットの覚悟も必要です。最後に脂肪注入です。一度に大きくはできず数回に分ける必要はあるものの、一番自然な形に近いバストが手に入ります。デメリットはやはり、しこりになるため一度に大きくできないことです。

おすすめの鼻整形、隆鼻

豊胸術の関連

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)に関する情報には責任は負いかねます。

豊胸、脂肪吸引などの美容整形以外のお問い合わせはこちらに

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)については美容外科クリニックにお尋ねください。美容外科クリニックと相談して美容整形を受けてください。

ページトップへ戻る