くびれを作ると同時に豊胸

ただ豊胸で胸を大きくするというだけでは理想的な体型には近づけない、という場合には、さらにきれいなくびれを作りだすために、脂肪吸引の手術を同時に受ける人もいます。

その場合には、吸引した脂肪分を豊胸に使う事で、手術を終えた後も異物感に悩まされる事はありません。本来、自分の体の一部分を活用しますので、拒否反応に悩まされる事もないでしょう。

脂肪吸引の手術と胸を大きくする手術を2段階で受ける必要がありますが、安全性が高いというのが大きな利点だと言えるでしょう。時間が経った時でも問題点が少ないのではないでしょうか。

何よりも安全性を重視したいという人におすすめの手術です。

献血豊胸の豊胸手術・美容整形はどれくらい血があればできるの?

献血豊胸の美容整形・豊胸手術を受ける時には自分にどれくらいの血液があればいいのか知っておいた方が無駄足を踏まなくて済みます。目安ですが、1カップ大きくするのには200ccの血液が必要と言われています。

200㏄とるためには女性の場合は40㎏以上、400㏄の場合には50㎏以上あることが大前提になってくるので、この体重に満たない人で1カップ以上サイズを大きくしたいと思っている方は、他の施術にしておいた方が無難でしょう。またこちらはリスクがほとんどないのですが永久性がありません。早い人ですと半年ほどで元の大きさに戻ってしまう人もいます。

美容整形においてシリコンパックの豊胸手術を受けるなら

美容整形を受ける時は、豊胸手術だけでなくどの施術を受ける時にも、病院探しが一番の課題になってくると思います。普段から通院するようなタイプではありませんので、さらに選択が難しいです。

周りに受けたことがある子がいればその子に聞くのが一番確実かつ安心なのですが、中々友人に聞きづらいのも事実です。では選ぶポイントをご紹介しちゃいます。まずシリコンパックの施術は豊胸術の中でも一番体に負担がかかる施術だということを覚えておいてください。その体に負担がかかり理由の一つとして部分麻酔ではなく、全身麻酔を利用するためということがあります。麻酔に特化している美容外科の方が安心です。

美容整形・豊胸手術の中でも最新技術

献血豊胸は豊胸手術の中でも最新技術であり、美容外科によって行っている所と、まだ取り入れていない所があるので、もしこちらの施術を受けたいと考えているのであれば事前に確認が必要です。

献血豊胸のメリットは体に異物入れる必要がないので術後の違和感を極力抑えることができるという点です。また自分の血液を使用するので、アレルギー反応が起こることもないため、誰でも安心して受けることができるところがとてもいいです。最近では自分の血液を利用した施術が美容整形でも注目を集めており、こちらの施術はまさに最先端と言えます。

ヒアルロン酸注入豊胸手術の美容整形後は?

ダウンタイムがそこまで長くないことでも人気がある美容整形・ヒアルロン酸注入による豊胸手術ですが、術後はどのように過ごしていくのがいいのでしょうか?まずお風呂ですが、湯船につかるのは、原則2日間はダメです。

ただし3日以降はOKですので比較的早い段階から湯船につかることができます。またシャワーは当日から浴びることができますので、夏でも気にせず施術を受けることができます。痛みは大体1週間程度で消えると言われており、当日すぐに下着をつけて帰宅することができます。ただしヒアルロン酸が完全に定着するまでには3週間ほどかかると言われているので、その間は激しい運動は控えるようにしてください。

大阪、東京で豊胸手術をお考えなら美容整形、美容外科kunoクリニック

東京銀座院
〒 104 - 0061
東京都中央区銀座5-9-12 ダイヤモンドビル2階

大阪梅田院
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11番4-200 大阪駅前第4ビル2階

http://www.d-biyou.com/ 【公式】
http://www.d-biyou.com/michelangelo/ 【脂肪吸引】
http://bust.k-biyou.com/ 【豊胸手術・脂肪注入】
http://nose.k-biyou.com/ 【鼻整形・隆鼻】
http://eye.k-biyou.com/ 【二重整形・二重まぶた】

他院での美容整形の修復も行っております。脂肪注入の豊胸術の技術では有名。

豊胸術の関連

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)に関する情報には責任は負いかねます。

豊胸、脂肪吸引などの美容整形以外のお問い合わせはこちらに

美容整形(脂肪吸引・豊胸・二重整形・鼻整形・脱毛・アンチエイジング)については美容外科クリニックにお尋ねください。美容外科クリニックと相談して美容整形を受けてください。

ページトップへ戻る